新車値引き コツ

新車購入は大きな買い物です。
交渉次第で値引き額に差が出るので、上手に値引きして新車を購入したいですね。
値引きのコツは最初が肝心です。

新車

ディーラーに出向いた際、営業マンは購入者の情報を引き出そうといろいろ聞いてきます。

ですが、購入の意思はあることのみをしっかり伝え、後は曖昧に答えることです。
購入スケジュールは余裕をもって立てましょう。
急いでいることが分かれば営業マンはそれほど値引きしなくても買う客と思い、あまり値引きしてくれない可能性もあります。
本命のクルマが決まっていてもあえて競合車を上げ、競合車なら○○万円値引きしてくれる、などと伝えるのも効果的です。
ディーラーも一社だけでなく複数まわってみましょう。
同じメーカーでも経営する会社が異なる場合、競合店となります。
それだけでなくディーラーも競合させるのです。見積もりをもらう際は、まずオプションはフロアマットくらいで見積もりしてもらいましょう。
オプションや付属品は車両本体価格からある程度値引き交渉できてから追加すると、車両本体価格からの値引き額が分かりやすくなります。
1回目の交渉ではあえて値引き交渉を行わず、2回目から本格に競合車や競合ディーラーを引き合いに出しながら値引き交渉します。
何か所もまわったり下調べは大変ですが、この時間を惜しまないことが値引き額を大きく左右します。
また、交渉は低姿勢で丁寧な言葉づかいを心がけましょう。

 

私が車を購入した時の流れ

運転免許を取得してから購入した車に10年ほど乗りました。
その車は10年もの間、特に大きなトラブルも無かったですし、まだまだ乗り続けられそうな状態でした。
しかし、エコカーが人気の昨今、燃費の悪いのに乗り続けるのもどうかなという気持ちがありましたので、思い切ってクルマの買い換えを行ってみる事にしました。
その時にまず私がチェックしたのが、どんな車種があるのかという事です。
その際には燃費やスタイル、サイズなどを重視していましたので、取り敢えずは販売価格を度外視して車探しを行ってみました。
そこまで車に詳しいという訳でもありませんので、探すのは若干大変でしたが、いくつかのメーカーやモデルをチェックしているとワクワクするような気分になりました。
情報を色々集めた結果、正に私の希望にマッチする車種を見付ける事ができました。
その際にはメーカーのホームページで購入の際のシミュレーションを行い、どの程度の費用が掛かるのかという事を調べてみました。
必要なオプションを付けてもそこまで高くなりませんでしたので、「この車に決定」という気持ちでした。
その後、実際に試乗をする為にディーラーまで行き、そのまま見積もりを出してもらいました。
見積もりと睨めっこをしながら色々考えた結果、納得の価格という事もあり、次にディーラーに行った時には契約を済ませました。
今ではその車が愛すべきマイカーとなっています。

新車値引きのコツ関連ページ

中古車の賢い選び方
新車に比べて中古車を選ぶのは難しいので多少のコツや知識が必要になります。
クレジットカードで買えるのか
札幌で車を買うときにクレジットカードが使える場合と使えない場合があります。
乗り潰してから買うか?それとも・・・
札幌でマイカーを買い替えるタイミングはいつがいいのでしょうか、乗りつぶして買うのがもっともベストなのでしょうか。
車が安く購入できる時期はいつ
車はいつ買っても値段は変わらないと思っていませんか?実際は、ある時期に購入すれば値引きや下取り額アップして安く買うことができるんですよ。