廃車手続き 簡単

クルマの廃車手続きについて

車を廃棄するとき

修理しても高くつくし、修理もしようのないほどボロボロの状態のクルマは廃車にすることになると思います。

その廃車手続きは、永久抹消登録、一時抹消登録、輸出抹消仮登録があります。
永久抹消登録は、解体をして永久に廃車にする場合です。
一時抹消登録は、一時的に使用中止する場合になります。
輸出抹消仮登録は、自動車を輸出する場合に行います。
廃車の手続きは管轄の運輸支局になります。それぞれ必要な書類が違います。
手続きにかかる時間ですが、混雑具合によります長いと半日はかかると思っておきましょう。
ナンバープレートは自分で外してもよいです。ただ外すと公道を走れなくなるので、その車で手続きにはいけません。
廃車手続きを代行してもらった場合には、1万円前後はかかります。
廃車にするしかないと諦めていた車でも、札幌の買取業者で買い取ってもらえる場合もあります。
部品だけでも査定して買取できることもあるので、廃車の手続きをする前に査定に出しても良いかもしれません。
廃車にしてお金がかかるどころか、入ってくる可能性もあるかもしれないので、持ち込んでみてもよいでしょう。

 

中古車を廃車にする費用はどれくらい

古くなったマイカーを札幌で廃車にする場合、気になるのはそれにかかる費用です。
一体いくらくらいかかるのでしょう?
自分で行う場合と、業者に代行してもらう場合をまとめてみました。
廃車に必要な費用は3つです。1つめは自動車リサイクル料です。
2005年に施行された自動車リサイクル法により義務付けられた費用で、車の所有者が負担しなければなりません。
おおよその相場は国産軽自動車で8000円、国産自動車で10000円、外車で15000円です。
これはメーカーや車種、エアバック等の装備により異なるので、具体的な料金は自動車リサイクルシステムのHPで照会できます。
2つめは解体費用です。解体業者へ車の解体を依頼するときにかかる費用で、10000円程度が相場のようですが、業者によっては無料になったり、逆にお金をもらえる場合もあります。
車検が切れた車に関しては、自宅までの引き取りを頼む必要も出てくるので、引き取り費用が発生します。
3つめは末梢登録費用です。
札幌陸運局で手続きをしますが、自分で行う場合は、検査登録印紙代の350円のみが必要です。
行政書士や業者に代行してもらう場合はさらに2000円〜10000円くらいかかるようです。

 

 

廃車手続きは簡単関連ページ

車の買取(下取り)相場を調べる方法
マイカーを下取りに出すときや売却するときには事前に相場を調べておけば交渉がより有利に運ぶことができるでしょう。
マイカーを手放すときに必要な書類は車検証だけではありません
車を売りに出すときは、いくつかの書類の提出が必須になっていますので、これらは可能であれば事前に準備しておいた方が良いでしょう。